麻亜耶 長崎 マーヤは母性の普及を応援しています。株式会社マーヤ|女性ホルモン|母性|麻亜耶|マーヤ|プラセンタ

 
 
 
 
 
 
 
実るほど頭を垂れるマーヤかな
2018.1

47歳のKさん。
昨年春からマーヤとともに歩んでいましたが、体調も良くなり
昨年末、実父からの社長交代の引継ぎも完了。

「マーヤとともにも完了」
自分で決めて過ごしていましたが、再び眠れなくなり
気分も良くありません・・・・


以下、Kさんとのやりとり


「勝手にマーヤを止めたからでしょうか?」



「マーヤを止めたからというよりも、もう大丈夫!だと
すぐに調子に乗って決め込む、その思い癖が原因だと思うよ。
今までもそうだったでしょ?」



「はい・・・・」



仕事でも健康でも、ちょっと良くなったら大丈夫!だと喜び
悪くなったら、もうダメだ・・・と悲観する

気分の上がり下がりの激しさが、心の不安定になり
自律神経が大きく乱れて、体調に現れるんだよ」  



「おっしゃるとおりです・・・前回の入院の前もそんな感じで
歓喜し過ぎて、その後、結果に悲観してダウンしました」



「Kさんに一番大切なのは、平常心だね。
平常心を養うために、マーヤとともに歩んでほしいな」



「父親も気性が荒く、それが遺伝しているのかも」



「お父さんの良い部分は受け継ぎ、悪い部分は捨てて
自分の社長としての生き方を確立することだよ。
じゃないと、今のような心の乱高下のままだと、自分の健康も
会社の業績も不安定になると思うよ」



「そう思います。実際そうです。では、
平常心を養うためにはどうしたらいいのでしょうか?」



「自分で決断しないことだよ。誤解しないでほしいのは、それは
自分で決めるな!ということじゃない。
最後は自分で決めていい。社長だから、決めなければならない。

その前に、自分の決断を自分が信頼できる人たちに
相談する習慣を持つことだよ。
それは相手に依存するのでもなく、自分の悩みを
素直に相談するということ。
強がらずに、心を開く習慣を意識するんだよ」



「父は全部自分で決めていました。
弱みも悩みも見せなかったですね」



「お父さんには失礼だけど、だからたくさん大病をして、今でも
弱みを見せることできず、具合が悪くても強がっているわけだよね。

Kさんにはお父さんと違って、人の話に耳を傾ける謙虚さがある。
それははっきり言って、お父さんには無く、お母さんにあるもの。
お父さんの仕事での意地根性は見習っても、それだけでは平成の今、
事業は大成しない。これからは競争ではなく、調和の時代だから。

自分の健康のためにも、会社のためにもまずは
一人であれこれ考え過ぎず、ポーカーフェイスを装わず
人に相談して、人の話をよく聞いて、その上で熟考して決断する。
その姿勢が今のKさんには必要だと思う」



「ありがとうございます!よくわかりました。
ある取り引き先の年配の社長さんが、私のような年下にも
深々と頭を下げてくださるのですが、確かにその会社は業績が良いです」



「そうだね。実るほど頭を垂れる稲穂かな、と言うよね。
いくら商才はあっても、傲慢でワンマンで年下を見下す社長に
未来はないと思うよ。
Kさんには頭を垂れる謙虚さがあるから大丈夫だよ」



「ありがとうございます!」



「ワンマンで誰にも相談しない人は、その言葉、
“ありがとうございます”がない、感謝が出来ない人が多い。
感謝のできない人は、やっぱり健康も会社もうまくいかないね」



「なるほど! 人に相談することから感謝は生まれるんですね」



「そうだよ! だから社長としての人格人間性を高めるためには
自分を常に客観視して、平常心を意識すること。
そのためには、相手の意見を素直に聞く姿勢が大切だね」



「マーヤとともにまだまだ歩む必要性がありました・・・・
今、とても反省しています・・・・」



「実るほど頭を垂れるマーヤかな
座右の銘に、Kさんに送るよ(笑)」



「ありがとうございます!」





 
 
トップページ会社概要取扱商品マーヤとともにマーヤブログお問い合わせ
株式会社マーヤ  長崎県長崎市京泊1丁目1-18 TEL:095-801-5156
Copyright 2010-2017 潟}ーヤ All Rights Reserved. Produced by Fairymake