麻亜耶 長崎 マーヤは母性の普及を応援しています。株式会社マーヤ|女性ホルモン|母性|麻亜耶|マーヤ|プラセンタ

 
 
 
 
 
 
 
病気は「夫婦の絆」を深める貴重な出来事
2016.4

誰でも病気はしたくない。
いつまでも健康でいたい。

しかし、それでは
体は良くても、心は成熟しない。

病人の気持ちは
病人になってみないとわからない。

相手の思いやりは
自分が苦難の時にこそわかるもの。

生の有難さは
死を意識した時にこそ感じるもの。

寂しさ・孤独は
相手がいなくなって
離れてみてヒシヒシと実感するもの。


夫婦ともに健康で、平穏無事を誰もが願う。
衣食足りて、礼節を知るはずだけれど
そうした夫婦に限って、礼節に欠けていたりする。
感情的な言葉で相手を非難し合ったり。
「感謝」「尊敬」のない冷たい関係だったり。


人はどうも、平和過ぎると相手に不満になり愚痴を吐き、
苦境に立たされると、相手に優しくなれる生き物のようだ。

だから
健康は「不満」をつくり
病気は「感謝」をつくるといえる。


配偶者が病に倒れた時、自分のことばかり考えていた生き方から
相手の立場になって「思いやり」を持てるかどうか?
行動に移せるか? 言葉にすることができるか?

病気という苦難を通じて、夫婦の絆は深まるものなのだ。











 
 
トップページ会社概要取扱商品マーヤとともにマーヤブログお問い合わせ
株式会社マーヤ  長崎県長崎市京泊1丁目1-18 TEL:095-801-5156
Copyright 2010-2016 潟}ーヤ All Rights Reserved. Produced by Fairymake